歯医者の種類 | 審美歯科や矯正歯科でステキな歯を保とう【白くて綺麗な歯が欲しい】
綺麗な歯

歯医者の種類

他とは毛色が違う、新しい治療

歯医者は、多くの人にとって虫歯を治す時に利用するところだと言えるでしょう。しかし、現在の歯医者では、虫歯治療以外にも様々な治療を行っています。それは、歯医者が掲げる診療科目の多さを見れば明白だと言えるでしょう。 数ある治療の中で、新しい治療として挙げられるのが、審美歯科です。審美歯科が誕生したのは、1990年代のことです。歯科医療は、すでに紀元前に行われていたと言われています。そのことを踏まえると、審美歯科は生まれたての治療だと言えるでしょう。 ただ、近年、審美歯科の治療を行っている歯医者は増加傾向にあります。では、審美歯科では、どんな治療を行っているのかというと、歯の見た目に関する治療を行っています。ですから、他の治療とは毛色が違う治療だと言えるでしょう。

今後、身近になることが予想される審美歯科治療

歯には、2つの役割があります。1つは食べ物を噛み砕く役割、もう1つは、その人の外見の一部という役割です。 2つのうち、重要なのは食べ物を噛み砕く役割です。食べ物を噛み砕かずに飲み込めば、様々な病気を発症する可能性が高くなりますから、歯は食べ物を噛み砕く役割を何より果たさなければならないのです。 しかし、外見の一部という役割も、決して疎かにしてはならない役割です。なぜなら、外見の悪さは、強い劣等感を引き起こす可能性が往々にしてあるからです。 ただ、欧米人に比べて日本人は、歯の外見に関して無頓着だと言われています。しかし、その状況も現在では変化しているようです。ですから、審美歯科治療を行う歯医者が増加しているのです。もちろん、審美歯科治療の需要も高まっています。この先、この傾向は強まることが予想されます。そうなれば、歯医者は虫歯を治すところとは言えないようになることでしょう。