綺麗な歯

種類と方法を見る

ホワイトニングの種類と方法について

歯が白くありたいというのは誰もが思うことです。 歯は生活習慣で徐々に色が変わってくるものです。コーヒーやお茶、喫煙によっても歯は変色するのです。 少しでも歯を白くしたいという人のために、審美歯科ではホワイトニング治療を行うことが出来るのです。 虫歯の治療後にセラミックを被せる方法もありますが、一般的にホワイトニングとは自分の歯を白くすることを言います。 歯科医でマウスピースを作り、薬を処方してもらい自分で行う方法と歯科医で専用の薬剤を使い白くする方法があります。 歯科医で行う場合には、虫歯や歯の表面の状況など確認しながら進めることにななります。 ホワイトニングは、自由診療となり自己負担となります。 家で行うほうが費用は格段に安く抑えることが出来ます。

これから白い歯を目指す人のために

ほとんどの自然歯はホワイトニングすることが出来ます。 しかし、大きい虫歯がある場合には先に治療を優先することになります。差し歯は白くすることはできません。歯に傷がある場合もホワイトニングは出来ないことがあります。自分の歯の状態を調べて、ホワイトニングが適しているか確認する必要があります。 ホワイトニングをした場合は約5年ほどで、また元の色に戻る傾向にあります。 食べ物によって色が付きやすくなるので気をつけることです。 最近は、自分の歯に対する意識が強くなってきている傾向にあります。歯を白くしたいということも、自分の歯の状態をよくしようという意識の表れです。 少しでも歯を白くすることで、きれいな歯美しい歯となることができるのです。